동아시아

お互いの現況をより活発に交換することから始めよう。 そして、ある事柄について、ある時に、韓国と日本の社 会運動が共同の意見を導き出すということから立場を明 らかにしよう。このような実践が両国の社会を質的に進 歩させ、現実の矛盾を阻止する良い出発点になるのであ る。